たしかに、私が利用していた会社は、主要通貨(主にドル円)におけるスワップやスプレッドは他の会社に比べると一歩抜け出しているように見えましたが、私の利用する通貨ペアにおいては決して秀でたものではありませんでした

そこで、過去に遡って、一年間の取引実績を基に複数の会社のスプレッドとスワップを当てはめた損益を計算したところ、金額に直すと50万は差が出ました。勿論、今後どの通貨ペアを軸として取引をしていくかも重要な要素ですので、過去の実績と未来の取引を予測して再選定をすることにしました。そして、会社を乗り換えてから半年を過ぎた頃、改めて半年間の実績を各会社の手数料体系に当てはめて、シュミレーションをしたところ、確かに選んだ会社のが最安値にもなりました。取引のボリュームが大きくなれば、その分だけ銭単位でのメンテナンスが必要になることを改めて実感しました。また、今までは管理上複数の会社に跨って取引をすることを嫌っていましたが、トレードの手法やスパンによってそれぞれの会社に強みや弱みがあるのは明確ですので、今後は2、3の会社をうまく利用していきたいと思います。ただ、その際も管理コストには十分に気を付けて無理のない範囲で。

不用品買取 埼玉 中古家電

不用品回収 埼玉 業者

Jリーグのプロも認める高品質!

出張マッサージ 名古屋 人気

各ブランド品の買取価格気になりませんか?